どんな式にしよう…

entrance of the temple 神前式とひと口に言っても、式を執り行う神社やホテル・結婚式場によって、様々な挙式プランがあります。新郎新婦やご家族の希望を叶えるために、どういうプランがあるのか調べてみましょう。 Read more

確認しておくこと

temple gate 挙式を上げる前に、式場や参列者に事前に確認をしておいた方がいいことがいくつかあります。神前式に親族以外の友人や知人は呼べるかどうか、お年寄りや子どもが参列する場合の配慮など、より良い挙式にするために知っておきましょう。 Read more
traditional dress at the wedding

式場を選ぶなら

main entrance to the temple 神前式のできる式場を選ぶ時、神社がいいの?ホテルや結婚式場とはどう違うの?など、それぞれのメリット・デメリットやどうやって選んだらいいかが分からないとき、役に立つ調べ方を紹介します。 Read more

憧れの神前式

Japanese wedding

神前式は、必ず神社のみで行わなければいけないものではありません。神前式での結婚式を挙げられるホテルや結婚式場も東京を中心に増えています。
ホテルや結婚式場などで挙げる場合の方が、挙式にかかる費用は基本的に安くおさめることができ、東京以外でも人気です。神社で行う場合は少し高くなるものの、神社特有の厳かな雰囲気を味わうことができます。

神前式での衣装は、新郎新婦や参列者が和装でなければいけない、という決まりがあるわけではありませんが、主流は和装です。
東京でも、ほとんどの新郎新婦は和装で式に望みます。参列者の中でも特に親しい親族や女性なども、和装で参列することが多いようです。
新婦の花嫁衣装といえば白無垢の印象が強いかもしれませんが、色打掛や黒引振袖などを選ぶ女性も多く、東京では黒以外に白地やカラフルな引振袖も人気です。
新郎の衣装は基本的に、男性の婚礼正装である黒の五つ紋付羽織袴を着用します。

次に、神前式の流れを簡単に説明します。
まず、新郎新婦と参列者が並んで神殿へと向かい、入場します。いわゆる花嫁行列です。新郎新婦の入場は一番最後になります。
入場後、挙式を行う前に心身を清めるため、お祓いを受けます。
挙式が始まれば、斎主が祝詞を唱えます。新郎新婦は三三九度の盃を飲み交わし、巫女が舞を奉納すると、新郎新婦が誓いの言葉を読み上げる場面になります。
玉串を神前に捧げ、参列者全員と両家の縁を祝う盃を飲み、斎主の挨拶で、神前式を終えます。
神酒を飲む際や玉串を神前に捧げる際の所作には決まりがあるので、あらかじめ神社で確認しておきましょう。

関連リンク